購入者が気を付けることのまとめ

i005_270.jpg

久しぶりの更新。

メルカリの記事は出品者側視点の記事が多かったので、今日は購入者側視点の記事を書きたいと思います。

メルカリは不用品の処分(販売)をするのにとても活用できるフリマサイト(フリマアプリ)ですが、いきなり商品を出品しても、売れた後の作業に最初は不安があると思います。

ですので、初心者の方は是非とも、最初はいくつか商品を購入してみることをお勧めします。

買った後の出品者の対応、商品の梱包の仕方、お互いの評価の流れが、購入した時の方が負担なく体験できるからです。

とは言っても、円滑に、安全に取引をするために、購入者としてもいくつか気を付けていただきたい点があります。


1.購入希望コメントは不要です。

  一部の方が強制している「購入前に一言、コメントしてください」は、メルカリのルール、システムとして存在しません。

  メルカリ運営事務局も否定しています。

  https://www.mercari.com/jp/help_center/article/263/

  こういうことを記載している強制している出品者は、押し付けた独自ルールに従い評価をしてくるので、取引は避けた方が良いです。


2.専用出品を依頼してはいけない。

  メルカリは、最初に購入した方と取引する仕組みです。

  メルカリのルール、システムが専用出品には対応していないので、取引相手を指定する専用出品はトラブルの元となります。

  また、購入者が決まったら専用出品にするというルールもありません。

  メルカリ運営事務局も否定しています。

  https://www.mercari.com/jp/help_center/article/118/

  違反出品の対象となるので、専用出品の依頼はしないでください。


3.コンビニ/ATM支払いの場合

  コンビニ/ATM支払いを選択している場合、購入ボタンを押して取引画面に遷移しても、まだ購入したことになっていません。

  購入ボタンを押して取引画面に遷移したら、必ず購入者側から出品者に対して、大体の支払い予定日(あくまで予定で良い)を出品者に連絡してください。

  もし支払い予定日が遅れるようなら、その時も必ず連絡をしてください。

  支払いが済んで初めて、商品を購入したことになります。

  支払いが済むまでは、その商品はあくまで「他の購入者には購入されない、自分が購入予定の商品」です。

  支払い期限までに支払いをせずに取引キャンセルとなった場合、購入者は迷惑行為としてペナルティを受けますのでご注意ください。

  https://www.mercari.com/jp/help_center/article/647/


4.値引き交渉は控えめに

  フリマなので、値引き交渉も楽しみの一つです。

  ただ、出品者側からすれば、そのままの価格で何も言わずに買ってくれる人の方が神様のような存在です。

  値引き交渉を受ける側は面倒で仕方ないことを意識し、購入者は控えめに交渉することをお勧めします。

  例えば2,000円の商品に、800円にしてくれとか1,000円にしてくれとか交渉すると、ブロックされて購入できなくなる可能性が極めて高いです(笑)

  出品価格の1割以下くらいなら、検討してくれる可能性が高いと思います。

  また、値引き交渉をする時は必ず希望額を提示しましょう。

  よく以下のような交渉をしてくる人がいますが、正直対応に困ります(笑)

  「いくらまで下げられますか?」←どうしてギリギリまで下げなきゃならないの?

  「お気持ち程度、値引き出来ますか?」←お気持ちは値引きしたくない…。いくらならお気持ち程度なの?


  商品カテゴリーが「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」の場合、スマホアプリからなら「オファー」機能も使用できます。

  オファー機能は、コメントでやり取りをせずに金額交渉が出来る機能です。

  2019年4月時点では上記のカテゴリーにしか対応していませんが、便利な機能なのでぜひ活用してみましょう。


5.受取評価は出来るだけ早めに

  商品を購入した後は、出品者からの発送を待ちます。

  発送連絡が来たら、発送してくれたことに対するお礼をし、商品の到着を待ちましょう。

  追跡番号付きの発送方法の場合、出品者側にも商品が到着済みか分かります。

  商品が到着しているのに、受取評価をせず放置するのはトラブルの元です。

  商品が到着したら速やかに中身を確認し、問題なければ受取評価をしましょう。

  受取評価は、良い・普通・悪いの3段階です。

  通常、なんの問題も無ければ「良い」にしましょう。

  良くも悪くもないから「普通」を選ぶという自論の方もいますが、メルカリ内では「普通」評価は「あまり良くない」評価という印象があります。

  場合によっては出品者から、普通評価に至った経緯の説明を求められます。

  理由があるなら「普通」でも構いませんが、特に問題が無いのであれば「良い」にしましょう。

  「悪い」は、明らかに商品説明と違う、説明に載っていない傷があるなど、大きな不満がある時に選択しましょう。


  また、受取評価の良い・普通・悪いの下に、評価コメントを記載する欄があります。

  ここを空白で評価する方が良くいますが、評価に至った理由をしっかりと主張しましょう。

  定型文でもいいので、「良い」評価で評価コメントが記載されていると、出品者は嬉しいです。

  逆に、「普通」「悪い」で評価コメントが無いと、出品者は何故その評価になったのか、次から何に気をつければ良いのかが分かりません。


6.メルカリはフリーマーケットです。

  インターネット上のフリーマーケットなので、基本は個人間取引です。また、商品の多くは中古品、新古品です。

  メルカリで購入する商品や出品者に対して、お店で売っているクオリティやデパート店員のようなサービスを求めてくる勘違い購入者が少なからず存在します。

  綺麗な商品、気持ちの良いサービスを求めるなら、フリマなど使わずお店へ行きましょう。

  梱包も業者ではなく個人がやっています。
  
  過剰包装やプレゼントのような包装は期待しないでください。

  逆に、自分が出品する時もその程度の気持ちで良いと考え、気楽に出品してみましょう。


長くなってしまいましたが、とりあえずここまでにします。

メルカリ関連の本やサイトでは、一部、購入希望コメントや専用出品を推奨する記載をしているものがありますが、実際のところはアウトなので、騙されないでください。

トラブルの元は避けつつ、ぜひメルカリを楽しんでください!


メルカリのURL
http://bit.ly/2DfXGkG

メルカリ登録時に以下の招待コードを入れると、メルカリのポイントがもらえるくじが引けますよ!
YQETHJ

この記事へのコメント

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ